スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教科書売買仲介サイト 大学タウン

教科書売買仲介サイト 大学タウン
「あったらいいな」をカタチに


 使い終わった教科書が部屋に山積みになっている、そんな学生におすすめのサイトがある。その名も「大学タウン」。必要なくなった教科書の売買を仲介と大学周辺のクーポンを提供しているサイトだ。このサイトを立ち上げたのは神戸大学を休学中の中博司さん。単位を取り終わると使わなくなったり捨てられたりする教科書がありもったいないと思ったことがきっかけだという。

 「大学タウン」は、現在短期スタッフも含め10人前後で運営している。サイトを立ち上げた当初は知名度がゼロの状態であったため、ポスターやWeb広告、友達からの口コミなど考えつく限りの方法で活動を広めていった。「『教授に嫌がれるのではないか』『お金の回りが悪くなるだけではないか』などの反対意見が寄せられることもあり、それを乗り越えるときが精神的に一番辛かった」と語る中さん。しかし現在サイトには1ヶ月に1万人前後が訪れ、「大学タウン」のtwitterフォロワー数も約6000人に上るなど、学生からの注目は高まっている。

 実際に学生間で教科書を売買することのメリットとして、通常価格より安値で教科書が買えること、テストの過去問やレジュメなども譲ってもらえる可能性があること、新しい人とのつながりが生まれることなどが挙げられる。「大学タウン」はこれまで東京7キャンパスで運用され、約500冊の教科書を仲介した。今年9月20日からは新たに同志社、立命館、京都、神戸などの大学でも運用が開始されている。しかし本学の学生で教科書を出品している人はまだいない。関西での知名度アップはこれからの課題と言えよう。

 今後の展開について中さんは、「大学生の『あったらいいな』をカタチにしていきます。『あったらいいな』が『ないと困る』になるようどんどん挑戦していきたいです。短期的には、SNSとの連携サービスや家具のリユースを検討しています」と語った。

 もちろん金銭が絡む以上利用する際は十分気をつけなくてはならないが、不要な教科書の処分に困っている学生は手段のひとつとして検討してみるのもいいだろう。使い方の詳細に興味がある人は、下記URLから「大学タウン」にアクセスしてほしい。
【上條久美子】
スポンサーサイト

ハロウィンパーティー開催

ハロウィンパーティー開催
~国際交流の場を求めて~




 10月31日、留学生課主催のハロウィンパーティーがアーモスト館ゲストハウスにて行われた。今年で第4回となるこのパーティーには日本人学生44名と留学生21名が参加。中には、この企画を聞きつけて、京田辺から今出川まで足を運んだ学生もいたという。

 パーティーではビンゴ大会と仮装コンテストが行われ、大いに盛り上がった。参加した学生たちはマリオや魔女の宅急便のキキなど様々な衣装を身にまとい、会場は華々しい雰囲気に包まれていた。取材に応じてくれた学生のほとんどが、国際交流の場を求めての参加。普段はこのような機会があまりないため、楽しく交流を深めたようだった。

 今までのInternational Dayは国際課主催であったが、今回から留学生課主催に変わった。また、学生が主体となり、企画から運営までのすべてを行った点がこれまでと大きく異なっている。企画委員会のリーダーである中村さんは「初めてのことばかりで大変でした。スタッフ間の意思疎通が上手くいかない時もありましたが、パーティーを終えて、よりスタッフ同士の絆が強くなったと感じています」と話してくれた。

 パーティーは無事に成功した。しかし、その反面、宣伝不足が原因で留学生の参加が比較的少なかったなど、課題も残っている。今後も留学生課は日本人学生と留学生を結ぶ学生主体の企画を検討しているとのこと。今回の経験を生かし、より多くの学生が参加する国際交流の場へと発展していってほしい。

 この記事を読んでいる学生の中にも、国際交流をしてみたいと思っている人は多いだろう。ぜひ一度、思い切って参加してみてはどうだろうか。たくさんの素晴らしい経験と出会いが待っているだろう。
【姜 敏雅】

本学施設の震災対策

本学施設の震災対策
落ち着いた行動を


 2011年3月11日の東日本大震災以来、関東地方や東北地方をはじめ日本各地で防災対策の気運が高まりつつある。近年中に東南海で大きな地震が高確率で発生するという予測もあり、近畿地方でも大きな地震が起こらないという保証はない。普段使っている大学施設の耐震強度や防災対策も気になるところだ。

 本学施設課に大学施設の状態について話を聞いたところ、先の震災以降に対策を加えた箇所は特にないという。施設の老朽化が気になるが、現在進行している今出川キャンパス整備事業に伴い耐震補強工事を加える予定の既存施設もあるとのことだ。また、エレベーターの地震時管制装置や停電時の非常用発電機等は随時保守点検を行っているため、震災発生時でも設備面が機能するということが期待できる。

 実際に震災が発生したとき、私たちにはどのような行動が求められるのか。大学の規定では、生徒手帳に記載されている避難経路に従い指定の避難場所(今出川:京都御所 京田辺:陸上競技場)まで移動することとなっている。「避難誘導灯を設置しておりますので緊急時には避難誘導灯に従って移動していただきますようお願いいたします」と担当者は語る。大きな災害が発生した場合にはキャンパスに緊急災害対策本部が設置され、新聞やラジオでの情報発信もされるようだ。正しい情報を集め落ち着いて行動することが大切だ。
【市川裕之】

企画展「京都の中の同志社」

企画展「京都の中の同志社」
~室町時代から現代へ~


 今出川キャンパスハリス理化学館2階のNeesima Roomで、企画展「京都の中の同志社―相国寺、朝廷と明治の近代化―」が開催されている。期間は2012年1月31日(祝日、11月29日および12月23日~2012年1月5日は閉室)までで入場は無料。「京都」「同志社」「発掘事業の成果の公表」という3つの要素をもとに企画された今回の企画展は、11月3日の時点ですでに1500人以上の来場者が訪れている。

 展示物は78点あり、室町時代から明治時代初期までの今出川キャンパスに縁のある歴史的資料だ。見どころは相国寺旧境内に関わる遺物の展示であり、中でも「鹿苑」と記された石碑や陶磁器、足利家の家紋が入った軒丸瓦などは、絵図以外では位置を確認できなかった「鹿苑院」が今出川の地に存在したことを示す貴重な資料だ。 今回の企画展に対して担当者は「これだけまとまった成果を展示できる機会は今回が初めて。ぜひ今回の企画展を通じて、歴史的価値を持った土地に同志社が立地しているのだということを実感してほしい」と語ってくれた。歴史に興味がある人はもちろん、そうでない人も楽しめる内容となっているので、ぜひ一度企画展に足を運んでみては。
【市川裕之】

クローバー祭開催

クローバー祭開催
タナレンジャー 子どもたちの心をつかむ




 11月5、6日に本学京田辺校地の学園祭であるクローバー祭が開催された。毎年学生だけでなく、多くの一般来場者や家族連れでにぎわいをみせている。

 今回は、来場する子どもたちを対象としたイベント「キッズパレット」が例年よりも充実している印象を受けた。タップダンス教室や、ろくろ体験など、本学の学生にとっても魅力的な企画が多くみられた。

 またステージ上では、有名アーティストたちがクローバー祭をさらに盛り上げた。1日目は「アンダーグラフ」が登場し、偶然遭遇した本学ヒッチハイカーとのエピソードを語った。2日目は、女性シンガーソングライター「miwa」によるアコースティックライブが開催された。

 さらに神出鬼没のヒーロー「同志社戦隊タナレンジャー」が現れ、パフォーマンスを行った。今年度のクローバー祭に参加した学生にインタビューすると、多くが「タナレンジャーが印象に残っている」と語ってくれた。中でも、一度は洗脳されたが、新島襄と子どもたちの応援により正義の心を取り戻したキレンジャーは人気が高かった。観客を引きこむようなストーリー展開が学生の印象に残った所以ではないだろうか。

 今年のクローバー祭は2日間とも雨天であった。しかし、そんな中でも来場者数は2万人弱にまでのぼり、活気のあふれる祭となった。これもクローバー祭実行スタッフによる綿密な計画と充実した企画があったからではないか。
【長谷和久】

めぐりめぐって!!講演会「新島八重」

めぐりめぐって!!講演会
「新島八重」


 キリスト教文化センターによる「Doshisha Spirit Week 2011 秋」の一環として、11月1日に至誠館22番教室で、本井康博神学部教授による講演会「新島八重」が行われた。①会津時代②京都時代③新島襄死後という3つの時代に分けて八重の生い立ちについて話された。大河ドラマ「八重の桜」では、東北を元気づけたいという趣旨から、①に最も多くスポットライトが当たると予想される。

 新島八重(旧姓・山本)は1845年に会津の地で生まれた。会津戦争(戊辰戦争)では、戦死した弟の三郎を名乗って彼の衣装を身にまとい、薩長軍と勇敢に戦った。その姿から、「会津のジャンヌ・ダルク」と呼ばれる。

 この時代に八重は、川崎尚之助と結婚する。尚之助は江戸で八重の兄・覚馬に見込まれて、会津で教師をしていた。しかし戊辰戦争の敗戦をきっかけに、八重は他藩出身の尚之助とは、離婚を余儀なくされる。彼に関する資料は、極端に少ないが、NHKは最初の夫も丁寧に描きたいという。ドラマでの活躍が期待される人物のひとりだろう。

 戊辰戦争後、八重は京都府顧問(知事のブレーン)となっていた覚馬を頼って、京都に移る。覚馬が作った「女工場」という日本初の女学校で、八重を教師として抜擢された。「初代キャリア・ウーマン」誕生の瞬間だ。

 その八重が、アメリカ帰りの新島と京都の地で出会い、再婚する。八重は覚馬の影響もあり、キリスト教に興味を示した。クリスチャン以外の者とは結婚を考えていない襄にとって、八重は当時の京都で結婚可能な唯一人の女性であった。八重は結婚式前日に洗礼を受けて、晴れてクリスチャンとなった。京都初のプロテスタントの洗礼式である。襄は勇気ある決断を下す八重を「ハンサム・ウーマン」と呼んだ。見た目よりも心を重視する生き方、つまり「ハンサムに生きる人」と見たからだ。

 襄の死後、八重は日清・日露戦争において、篤志看護師として傷病兵の看護に当った。このボランティア活動に対しては、政府から宝冠章が与えられた。八重がときに「日本のナイチンゲール」と呼ばれる所以だ。また、八重は新島宗竹という名で茶道界(特に裏千家)においても有名人となった。江戸時代まで男性中心であった茶道を現在のように女性層に広めたことは、茶道史上、大きな功労であると評価されている。

 戊辰戦争で父や弟を失い、自からも鶴ケ城で籠城戦を戦った八重。結婚後は、生徒や世間から悪妻と罵られたりもした。けれども、八重は自らの生き方をあくまでも貫いた。彼女の力強い生き方が東北、ひいては日本中を元気にすることを期待したい。
【上條久美子】

EVE実行委員長に取材

EVE実行委員長に取材
EVEを残していくために


 本学の創立を祝う同志社EVE(以下、EVE)が今年も行われている。EVE期間(11月1日~28日)の中でも11月26日~28日は出店期間であり、ステージや出店など多くの出し物で盛り上がるのが例年のスタイルだ。第136回同志社大学全学EVE実行委員会(以下、EVE実)、大西智弥委員長(社・3)に今年のEVEについて取材した。

 今年のテーマは「学生祭」。ホームページは広告研究会が、EVEポスターの制作はクラマ画会が、Ustream配信は学生テレビ局が、その他企画などでも数々の団体がEVE作りに積極的に参加し、「EVEを創っているのは学生だ」というイメージを強めた。本学のあらゆる団体を巻き込み、引き込んでいくEVEの序幕だ。

 EVEが学生主体である一方で、学生がEVEについて深く考えていないのも事実。昨年出店期間が4日間から3日間へと短縮されたことについて、学生はただ単に文字通り「短縮された」としか思っていない。「4日あった時代のことを知らない人が増えていくのは『これからもEVEの出店期間が減らされていく』ことの引き金になる可能性がある」と委員長は語った。

 EVEの本来あるべき姿は学生がEVEを楽しみ、成長することだ。日々の活動をEVEにぶつけて、今の自分たちには何が出来るのかを学び、どうすればこの尊い行事を残せるのか考えていく必要があるだろう。
【楠尾 茜】

防犯対策の徹底を

防犯対策の徹底を
学内での被害に注意


 駐輪場や図書館をはじめ、教室や学生会館など大学内でも窃盗の被害が発生している。「授業終わりに先生へ質問を行うようなわずかな時間でさえ手荷物を盗まれてしまう事例もあるため、たとえ学内でも注意を怠らないでほしい」と本学学生支援課の担当者は語る。また、新町の学生会館では来訪者を装いBОXに侵入、迷惑行為を行う不審な男性の目撃情報も大学側に寄せられている。学生会館に「防犯の心得」を掲示して以来、被害報告等は寄せられていないそうだが、こちらも依然として警戒が必要だ。

 こういった事態に対し、担当者は「EVE期間中は大学利用者の増加が予測されるため、貴重品の管理と自転車やBОXの施錠を徹底してほしい。手荷物からは目を離さず、たとえトイレやコンビニに行くようなわずかな時間でもBОXの外に出る場合は昼夜を問わず必ず戸締りを。被害にあってからでは取り返しがつかない。また、被害にあった場合や不審者を目撃した場合にはすぐに大学側に連絡してほしい」と防犯に対する注意を促した。

 11月26日からはEVE出店期間であり、大学の利用人数の増加が予想される。気持ちも浮つきがちなこの時期にこそ防犯の意識を高めよう。
【市川裕之】

新町~今出川、通行規制

新町~今出川、通行規制
学生一人一人が危機感を


 12月1日から新町今出川間の通行規制が始まる。これにより、授業期間中の下記時間帯は新町正門を右に曲がり今出川通を利用するよう誘導される。


 本学学生支援課(以下、支援課)は規制の理由として①2013年の文系学部今出川校地移転に伴い通行量の増加が予想されること②学生や教職員など大学関係者の通行量が多いこと③学生が夜間通行時に大声で話すなどの通行モラルの低下を挙げた。

 これまでも地域住民から「学生が大声でしゃべっているのでうるさい」「マナーがなっていない」という苦情が寄せられており、支援課と学生有志は過去何度もマナー向上運動を行ってきた。しかし、その後も学生の態度が変わらなかったので、支援課は今回の措置に踏み切ったようだ。

 通行規制をしても他の道で学生の騒音や通行量の問題は起こるので、地域住民に迷惑をかけてしまう。通行規制という処置は根本的な解決に繋がらないのではないか。

 今私たちは地域住民、学生、大学が抱える答えのない問題に直面している。
【楠尾 茜】


【規制時間帯(授業期間中)】
10:15~11:00
12:00~13:30
14:30~15:15
16:15~17:00
18:00~18:30
19:55~
プロフィール

同志社学生新聞局

Author:同志社学生新聞局
同志社学生新聞局の公式ブログです!

私たちは、授業のある月に1度、主に学内・地域のニュースを取り上げ学生新聞を発行している、大学公認団体です。
企画、取材、執筆、編集まで自分たちで行っています。

このブログでは、実際の紙面に掲載された記事を随時紹介しています。


公式ホームページはこちら



Twitter
 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。