スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

編集後記

京阪出町柳駅から徒歩12分ほどの位置にあり、本学からもさほど遠くない下鴨神社。世界遺産にも指定されているこの神社の敷地の一部に、マンションが建設される計画が話題となっている
▼下鴨神社は、所有する敷地の南端のエリアに50年間の定期借地権を設定し、そこから得た借地料を定期的に社殿の修復や周辺の環境整備などの費用に充てる方針だという。特に、今年は一定年ごとに社殿の修復を行う「式年遷宮」の年であり、それに向けて安定的な収入が必要なのが大きな理由のようだ
▼神社の敷地内にマンションと聞くと、景観を損なうのではないか、世界遺産の指定を解除されてしまうのではないかが懸念されるだろう。建設されるのは世界遺産指定外の区域であり、現在では建物の高さを抑え、和風の外観にするという計画で進んでいる
▼とはいえ、今までと景色が少なからず変わってしまうことは間違いない。今年の11月に着工される予定なので、それまでに訪れて現在の姿を記憶に残しておきたいものだ。【長谷川咲愛】
スポンサーサイト

とくとく博物館めぐり 第10回 京都絞り工芸館―艶やかな紋様 伝統の色に魅せられて―

 京都絞り工芸館は、地下鉄二条城前駅に近い油小路御池の交差点を下ってすぐのところにある。2001年にオープンした本館は、日本の伝統工芸である「絞り染め」について学ぶことのできる珍しい博物館だ。京都市キャンパス文化パートナーズ制度に加入している本学学生であれば入場料500円が400円になる。
 様々な技法で布に紋様を作り出す絞り染めの歴史は古く、日本では6〜7世紀頃にはすでに行われていた。本館では特に京都で製造される「京鹿の子絞り」を中心に紹介を行っている。2か月ごとに替わる展示と、絞り染め職人でもあるスタッフの皆さんの丁寧な解説で、今まで絞り染めに疎かった人でもその技法の豊かさ、そして作品を仕上げるまでの気の遠くなるような過程を学ぶことができるだろう。布を糸で括り自然の材料を使って染める方法は代表的だが、ほかにもヒノキ製の桶を使い、染色する部分を桶の外に出し防染する「桶絞り」など、ユニークな技法が今日まで受け継がれてきた。また化学技術の躍進と共に、現代においても新たな方法が編み出されている。長い年月をかけ、幾人もの職人たちが協力し手作業で造りだす色と紋様は、同じ型を使用していても微妙な違いが個性となって表れる。
 同志社女子大学で伝統工芸の講師を務めていた経験もある館長の吉岡健治さんは、「今では職人も少ない。現在は世界遺産登録に向けての署名活動も展開している。展示物は今後、より貴重となっていくでしょう」と話す。
 本館では絞り染めを使った鞄や財布、ブローチ、タオルなどのグッズを販売しているほか、通常の反物取扱い店で手に入れるよりもはるかに安く反物を手に入れることができる。今年は日本画の代表・琳派が400年を迎えることもあり、関連企画として5月2日〜8月31日まで琳派作品を絞り染めで再現した巨大作品「琳派巨大几帳 『守護四神図』」を展示予定だ。【久嶋瑞穂】

書評 『バタをひとさじ、玉子を3コ』 ―食事の温かさと異国情緒―

 近頃、「料理」に関するマンガやエッセイが巷では流行しているという。そのブームに乗ってか、40年以上前に書かれた料理エッセイの短編集、『バタをひとさじ、玉子を3コ』が4年前に発刊された。筆者であるシャンソン歌手の石井好子さんは、自他ともに認める食いしん坊。活動拠点だったパリの食事や思い出が、少女のような素直さと好奇心によって書き記されている。
 決して、表現が複雑なわけでも、美食家のようにお高く留まっているわけでもない。しかし、読み進めていくうちに、なぜか口の中に唾液がたまり、腹が鳴る。そして、我慢しきれず台所に立ち、フライパンをふるってしまう魔力が、この本にはあるのだ。
 戦後間もないパリの下宿で、マダムが作ったバターたっぷりのオムレツを食べたとき、石井さんは感慨深げにこう言う。「『おいしいな』わたしはしみじみとオムレツが好きだと思い、オムレツってなんておいしいのだろうと思った。」
 この言葉はとても単純だ。しかし、単純だからこそ食事の神髄であるような気がする。温かく湯気の立つ食べ物。愛する人との団欒。目まぐるしい日々を送る中、食卓を囲む時間くらいは、幸福でほっとするものがいい。最近、食べログなどで、変にグルメや評論家を気取る人が多い。おいしいものはおいしい、それでいいではないか。本書を通じて、石井さんが私たちにそう囁いているような気がしてならない。【森元 茜】

今年もやってきた ―餅つき大会開催!in室町小学校―

 1月11日、室町小学校で餅つき大会が開かれた。つきたての餅、それに桜えびや黒豆を入れたオリジナルの餅、安倍川餅、ぜんざいが振る舞われた。さらにお土産に餅も用意された。例年は12月におこなっていたが、今回は衆院選と重なったために1月に実施された。使用したもち米の量は130㌔で、前日から米を炊いて準備を始めたそうだ。小学校の卓球台を、餅を丸める作業台に使用したり、大工に残してもらった木で火を炊いたりと、準備から地域のものを有効活用している。
 20年以上参加しているという藤木康夫さんに話を聞くと「この餅つき大会は主催者が積極的に動いてくれるから、こんなにも活気ある大会になった」と明るい笑顔を見せた。元々社協のメンバー数十人で始まったこの餅つき大会。今では地域のイベントの一つとして楽しまれている。室町小学生の参加も任意だが、事前に募ると、休日にも関わらず3分の2以上の生徒が参加を希望するそうだ。
 地域との交流の減少や高齢者の孤立化が叫ばれる今日。しかし、この餅つき大会では子どもからお年寄り、消防団、警察官まで、学校に様々な年代の歓声が響き、笑顔があふれていた。記者は今回ボランティアとして参加したが、活気ある地域住民の姿を見て元気や希望をもらった。さらなる参加者増加に向けて本学をはじめとする大学生の存在も見逃せない。イベントへの参加、これが最初の地域貢献になる。【岩元沙代】

部活・サークル選び 新歓に参加しよう BUT 悪質な勧誘に注意

 入学式ではサークル活動や部活動のビラを大量に貰い、選択肢の多さに驚いたかもしれない。
 本学には、文化系、学術系、体育系など、約170の公認団体と、約240の学生支援センター登録団体が存在する。公認団体は部活動とサークルに分かれている。長い伝統を持つものや時代に即したものなど、活動は多岐にわたる。
 4月のオリエンテーション期間は、サークルの活動を直接聞くことができる。2〜4日に開かれるブース設置期間は、上回生が熱心に活動内容を教えてくれる。金銭面など、ビラには書かれていない事情を知ることができるのもメリットの一つだ。
 ブースでは活動紹介のほか、履修登録のアドバイスをしてくれることも多い。大学の講義はある意味で情報戦だ。聞いておいて損はない。
 どのサークルに所属するか悩んでいる人には、新歓イベントに参加することをおすすめする。参加したからといって必ず所属しなければならないということはない。無料で参加できるものが多いので気軽に行ってみてほしい。サークル内の人間関係や、先輩の人柄なども垣間見ることができるのではないだろうか。
 またこれらのイベントは友達づくりにも最適の場だ。同じサークルに興味をもっている人が集まるため、共通の趣味をもつ人や気の合う仲間に巡り会える可能性が高い。ぜひ積極的に行動してほしい。【杉本真由子】

 サークルのブースが数多く並び、キャンパス全体が活気付く新歓期間。しかし、新入生獲得に熱を上げるあまり、強引な勧誘、軽率な行動をする団体もある。
 Sさん(2014年度生)は、一人でブースを回っていたところ、テニス系のサークルに声をかけられたという。「普通なら、断ればビラだけ渡して終わりなのに、30分以上付きまとわれた」と、不快感を露わにした。
 このような強引な勧誘は後を絶たない。下回生であることから強く断りきれないでいると、自身にその気がなくとも、入部を推し進められてしまうという。
 そのほか、「コンパのメールを回すときしか使わない」という前提で、自分の連絡先を書かされることも。メールアドレスだけなら、と気軽に応じがちだが、個人的なメールが執拗に来たケースや他団体にメールアドレスが流出したケースもある。個人情報の扱いには細心の注意が必要だ。
 また、新歓コンパでは飲酒の問題もある。未成年者の飲酒はもちろん犯罪だ。もし誘われた場合はきちんと断ろう。SNSなどに上げられると、停学に発展する可能性もある。それでも強要された場合は、学生支援課や学部の生活指導の教授に相談をしよう。
 新歓期間はNOと言える勇気を持つことが重要だ。これからの生活の中心にもなり得るサークルや部活動。浮き足立った雰囲気に飲まれすぎず、大学生活での一歩を踏み出したい。【森元 茜】

徒歩?電車?自転車?―知っておきたい通学時のルール―

 各都道府県から学生が集まっている本学では電車や自転車など、登校のために様々な手段を用いている。新学年が始まるこのタイミングで、今一度確認しよう。
 交通手段の発達している地に校舎があるため、電車など公共交通機関を利用して、1~2時間かけて通学する学生も珍しくない。そうした学生が使用しているのが通学定期券だ。原則として自宅最寄り駅から主たる通学校地の最寄り駅までで、購入する際には各交通機関窓口で学生証と通学証明書を提示する必要がある。
 また、本学では自転車通学は原則禁止されている。特に京田辺校地では道路の幅が狭く、大型車の通行が多いため危険である。今出川校地に自転車を乗り入れる際には、入構許可シールの貼付が必要となる。各門衛所で交付されており、貰う際には学生証と通学証明書を提示しなければならない。現在、自転車の盗難が多発しているため、対策として二重ロックと防犯登録などをするのも忘れてはならない。
 4月は新歓の時期。校内で夜遅くまで活動することもあるだろう。今出川キャンパス正門の小門は24 時間開いているため、自転車が締め出されることはない。しかし、室町駐輪場では平日は22 時20 分、新町キャンパスは22 時30 分には閉門する。また、京阪本線出町柳駅淀屋橋、中之島方面の終発は0時19 分。帰宅の都合を考えながら、楽しく新歓を行いたいものだ。【石永理紗】

出費の多い大学生活―バイトや節約 賢い暮らし―

 大学といえば、多くの学生が各地から集まっており、一人暮らし、アルバイト、サークルなど多くの経験が積める場所であるといえよう。
 遠方から来る学生にとって、充実した学生生活を送るための基礎となるのが下宿生活である。その上で重要なことは大きく分けて二つある。一つ目は生活費、二つ目は家具などの必需品についてだ。
 まず、生活費について。親からの仕送りや奨学金だけでも生活することはできる。しかしサークルへの入会、友人との交際費などで金銭がかかってくることは間違いない。そのため、多くの学生はアルバイトをしている。種類や場所も様々であり、自分のライフスタイルを確立する上でも大きな影響を及ぼす。社会勉強にもなるため始めることをおすすめ
する。
 必需品については、まずは最低限のものだけを揃え、一人暮らしの毎日を過ごしていく中で少しずつ自分らしい部屋をつくっていくことが望ましい。大学周辺をはじめ学生の住む地域には、たいていホームセンターや100円ショップなど手ごろな価格で家具や雑貨を扱うお店が揃っているため、あせらなくても大丈夫だろう。中古品を選ぶのも、レンタルサービスを使うのも手だ。
 自由が多い大学生活だからこそ、有意義な時間を過ごすのも、中身の薄い時間を過ごすのも自分次第だ。一度きりの学生生活、興味のあることにどんどん挑戦してみてはいかがだろうか。【木村真子】

心身のトラブルも学校で相談!―保健センターを利用しよう―

 充実した学生生活には心身の健康が必要だ。しかし、慣れない暮らしから体調を崩すこともある。特に下宿の学生は、家族という頼れる存在がおらずつらい思いをするかもしれない。
 そんなとき大きな味方となるのが保健センターだ。今出川校地では寒梅館の2階に、京田辺校地では南門を入って右手の場所にある。診療時間内に学生証と健康保険証を持参すれば誰でも無料で内科の診察を受け、薬を貰うことができる。また、健康相談なども受け付けている。待ち時間も比較的短く、体力的にも金銭的にも負担が少ない。体調に異変を感じたら無理をせずに、保健センターを利用しよう。
 精神的な悩みを抱え、相談する相手がいないときはカウンセリングセンターに行くとよい。今出川校地では寒梅館1階北側に、京田辺校地では知真館1号館1階南東角にある。生活全般のことから、対人関係、将来の進路まで幅広い内容を相談できる。英語によるカウンセリングも受け付けている。カウンセラーに相談することで自分の状況を客観的に見つめ直し、解決への糸口を見つけられるだろう。
 このように本学では学生の健康面に関しても様々なサポートを行っている。困ったときは積極的に活用しよう。また、普段から生活習慣に気を配り、体調を万全に整えよう。【岩元沙代】

履修登録 先輩に聞け!―授業対策万全に よりよい学校生活を―

 高校とは異なり、自分で組まなければならない時間割。入学直後の短期間に大量の資料を配布され、処理しきれず困っている新入生もいるだろう。そんなとき頼りになるのが「ぴ
あアドバイザー」だ。
 「ぴあアドバイザー」は、履修登録をはじめ、大学生活全般に関する相談にのってくれる。全員が在学生であるため、自らの経験をもとにした親身なアドバイスをくれる。「履修登録のしかたがわからない」「サークルやバイトと両立できるのかが不安」など、少しでも困っている人は、一度相談してみるとよいだろう。

―試験間近 頼れるところは?―

 学期末には、ほとんどの講義でテストまたはレポートが課される。テストと聞いただけで嫌気がさす人、「レポートなんて書いたことがない!」と不安に駆り立てられる人もいるだろう。そんな人の味方となるものを紹介しておきたい。
 良心館ラーニング・コモンズ3階には、レポートの書き方や資料の探し方を教える「ラーニング・アシスタント」がいる。レポート作成やプレゼンテーションに関して困ったことがあれば、まずはここに行ってみよう。
 今出川キャンパスと新町キャンパスの間にある「大宮書房」では、講義ノートが販売されている。これは、講義に出席した学生がその内容をまとめたノートのこと。学生から業者が買い取り、他の学生に売る仕組みだ。特にテスト前は需要が高まる。こればかりに頼るのはおすすめしないが、困ったときの選択肢として提案したい。
 最初は慣れないかもしれないが、大学の授業は専門性が高く、自分の好きな分野を極めやすい。好きなこと、関心がもてることを見つけ、楽しみながら学んでほしい。【杉山早紀】

紫風

 「足し算を繰り返すような確かな足取りでこの国がよみがえってくれればいいけれど、残念ながら、コトはそう簡単に進みそうにない」。これは重松清『希望の地図 3・11から始まる物語』(2015年2月、幻冬舎)の一節だ。東日本大震災から丸4年。復興、復興と叫ばれて久しい
▼自然災害に対しては、「復旧」ではなく「復興」という言葉が使われる。単に「プラスマイナスゼロ」を目指すのではなく、ひたむきに「プラス」を積み重ねようという気概からだろうか。ただ、「復興」という言葉がそれだけ前向きなものであるがゆえに、スローガンとして掲げられただけで「プラス」へ動いたかのように錯覚してしまう風潮はないか
▼実のない言葉は無用だ。しかし努力した分がそっくりそのまま「足し算」される世の中でもない。「プラス0・1」でもいい。わずかな「プラス」を積み重ね、いつか「プラスマイナスゼロ」を超えた正の状態にたどり着きたい。【杉山早紀】

「食」を通じてつながろう ―「朝食倶楽部」新たな取り組み―

 4月28 日から、「朝食倶楽部」が始まる。今出川校地では良心館地下1階の食堂で毎週火曜日、京田辺校地では「カフェテリアFUJIYA」で毎週木曜日、8時20 分から10 時の間に100円で朝食を提供するという取り組みだ。通常350円程度のメニューがこの値段で食べられるというのだから、特に下宿生には嬉しい話だ。
 ただし、これは「安価な朝食を提供しよう」という目的だけで始まるのではない。学生に朝食を食べる習慣をつけてもらうことはもちろん、食事バランスガイドなどを用いて自分の食生活を点検してもらうこと、「朝食倶楽部」が新たなコミュニティづくりの場となること、などの狙いがある。
 しかし、単に安価な食事を提供するだけでは大幅な赤字となる。「在学生との接点を増やしたい」「学生生活を支援したい」という、本学卒業生で構成される同志社校友会の思いもあってこの取り組みは始められるものだ。
 メニューには、京野菜を使った料理や、各都道府県の郷土料理も盛り込まれる予定だ。人とのつながりだけでなく、京都との、そして自分の故郷とのつながりを、「食」を通して感じてもらいたいという願いが込められている。
 学生にとってはいいことづくしの「朝食倶楽部」。申し込みなどは必要ないが、両校地あわせて限定200食だ。食べてみたい人は早めに行くことをおすすめする。【杉山早紀】

どこで何買う? ―購買情報紹介―

 良心館地下1階にあるコンビニは、平日は8時30分と比較的早くから開いている。コーヒーやジュースなどの飲み物をはじめ、おにぎり、パン、弁当、お菓子のほか、文房具などの日用品も販売されている。休み時間には、レジの前に長い行列ができるほど多くの学生が訪れる。
 その隣にある「良心館ブック&ショップ」では、検定や資格試験関連を含むテキスト、専門書だけでなく、ファッション誌などの雑誌や、小説、漫画まで取り揃えられている。
 このほかにも、電子辞書やパソコンなどの電子機器も取り扱っており、勉強に必要な物はほとんどここで手に入れることができる。各種検定の申し込み受付も行っている。
 良心館地下1階、明徳館地下1階には食堂がある。明徳館の食堂の横にはオムライス専門の「erica」もある。このほかに、良心館1階には、焼きたてのパンやスープなどを購入できるベーカリーカフェがある。ラウンジが併設されているので、勉強や会話を楽しむ学生で賑わっており、新入生にも特に利用をおすすめしたい場所だ。
 大学生活において、購買施設の利用は必要不可欠だ。本学の購買施設は充実しており、学生の多様なニーズに対応しているといえる。新入生は、広いキャンパスにすぐには慣れないかもしれないが、どこにどのような施設があるか把握しておくと便利だ。積極的に利用してもらいたい。【長谷川咲愛】

品揃え豊富 より便利に ―ファミマ、本学に2店―

 3月20日に明徳館地下1階で、同月25日には志高館地下1階で、計2店舗のファミリーマートがオープンした。今出川校地に外部企業が出店するのは初めてのこと。京田辺校地にすでに出店している実績も手伝って、ファミリーマートが開店する運びとなった。
 2013年のキャンパス再編に伴い、今出川校地は学生であふれかえるようになった。良心館には授業教室、食堂、コンビニ、ラウンジが揃うせいか、昼食時は特に混雑する。明徳館に開店することで良心館への一極集中を緩和し、学生を分散させようという狙いだ。あまり人が集まらない明徳館地階の活性化にもつながる。
 志高館の店舗は、もともと生協が営業するコンビニだった場所に開店した。烏丸キャンパスには食堂がないこともあり、「よりバリエーション豊かな商品を」との本学側の計らいで、店舗の入れ替えが決定された。
 明徳館の店舗では、通常の商品に加え、チケット販売などのサービスも取り扱う。本学には留学生が多いことも考慮し、ハラール食品(イスラム教の律法で許されている食品)も両店舗に10点ほど置かれているという。
 利便性がこれまでよりも高くなるのは間違いない。新装オープンした2店舗に、ぜひ足を運んでみよう。【杉山早紀】
プロフィール

同志社学生新聞局

Author:同志社学生新聞局
同志社学生新聞局の公式ブログです!

私たちは、授業のある月に1度、主に学内・地域のニュースを取り上げ学生新聞を発行している、大学公認団体です。
企画、取材、執筆、編集まで自分たちで行っています。

このブログでは、実際の紙面に掲載された記事を随時紹介しています。


公式ホームページはこちら



Twitter
 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。