スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図書館のシステムに新機能  電子資料の利用増加図る

 京田辺・今出川両校地の図書館では、今年の夏季休暇中(8/10~9/24)に学術情報に関するシステム(学術情報システム、学術リポジトリシステム、統合検索システム等)のリプレース(入れ替え作業)を行うことが発表された。

 リプレースの主な理由として、システムは機器の経年劣化等から5年を目処に入れ替えることが多いが、現行のシステムはすでに7年目を迎えていることが挙げられる。また、この数年間に電子資料の提供方法が大きく進展し、新たな利用者サービスの展開が必要になってきている。

 では、今回のリプレースによってシステムはどのように変わるのか。まず1つは、電子ジャーナル・電子ブックがDOORSで検索可能になるという。電子ジャーナルとは、紙媒体で刊行されている学術雑誌を電子化し、Web上で論文が閲覧できるサービスのことだ。このサービスを利用することで、リンクサービスでしか提供されていなかった資料に出会える可能性が増えてくる。

 2つは、現行のシステムで図書館の情報や学生の利用状況などを知らせるMyLibraryがMyDoorsと名称を変えてバージョンアップするという。これによって、従来別々の窓口で行っていた本の貸出更新、予約、取り寄せの手続きがMyDoorsで一気にできるようになる。このMyDoorsは携帯からも利用可能で、より気軽に図書館のサービスを受けられるようになる。

 新しいシステムは8月23日から導入予定。この他にも図書館は誰もが利用できるような環境づくりに努力していくという。その一環として、視覚障がい者の方でも識別可能な画面作りに取り組んでいるようだ。
 今出川図書館情報サービス課の中島さんは、「学生の皆さんに使いやすくするように心がけて、本学の資料を活用できるようにしています。新しいDOORSを是非とも活用してください!」と呼びかける。

 1991年、当時としては画期的なDOORS(DOshisha Online Retrieval System)という画面誘導型のオンライン目録検索システムが本学の図書館で稼働した。当時から受け継がれている言葉に「LET'S KNOCK ON THE "DOORS" OF "DREAMS"!」というものがある。リプレース後には再びこの言葉をDOORS上に復活させたいという。図書館には学業に役立つ資料や、自分自身を高める文献がたくさんある。これを機に自らの夢の扉をたたくような文献を探してみてはどうだろうか。

【上條久美子】
スポンサーサイト

コメント

コメントなーう

記事よく書けてると思う。

ネットの強みを活かして、写真やグラフを一杯載っけるといいと思うよ~~~

んじゃねー

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

同志社学生新聞局

Author:同志社学生新聞局
同志社学生新聞局の公式ブログです!

私たちは、授業のある月に1度、主に学内・地域のニュースを取り上げ学生新聞を発行している、大学公認団体です。
企画、取材、執筆、編集まで自分たちで行っています。

このブログでは、実際の紙面に掲載された記事を随時紹介しています。


公式ホームページはこちら



Twitter
 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。