スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NEWSを探せ!PART2「あなたは何か落し物をしているかもしれない」

NEWSを探せ!
PART2「あなたは何か落し物をしているかもしれない」


 学校で物をなくしたり何かを拾ったりした場合、私たちはどうすればよいのだろうか。正確に把握している人は少ないだろう。そこで今回は落し物についての調査を行った。
 本学の学生支援課は掲示板などを通じて、忘れ物や盗難について注意を呼びかけている。しかし落し物の数は確認できるだけでも今出川キャンパスで367件、新町キャンパスでは279件と多い(2010年5月分)。
 特に傘、財布、携帯電話などが多いとのことで、なかにはiPodのような落し物もあるそうだ。

○落とした場合
 学生支援課によれば落し物の数に反してこれらを引き取りに来る人は少ないという。落し物は京田辺・今出川・新町各キャンパスの門衛所、寒梅館管理人室に保管されているので、何かなくしたときは一度覗いてみよう。
 ただし一般拾得物の保管期間は3ヶ月となっている。期間を過ぎると廃棄処分になってしまうので、何かなくしたと思ったら早めに確認したほうがよい。現金の場合は例外で、発見から1週間以内に警察に届けられるので注意しよう。
○拾った場合
 また自分が何かを拾った場合、どこに届ければいいのかよくわからない人もいるだろう。そういうときは門衛所に直接届ければ保管してもらえるので、拾得物はすぐに届けることを心がけよう。
○対策方法
 落し物の一番の防止策は、自己管理意識を高めることだ。対処法を頭に入れつつ、常日頃から貴重品は肌身離さず持ち歩くといった対策をしていこう。

【市川裕之】
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

同志社学生新聞局

Author:同志社学生新聞局
同志社学生新聞局の公式ブログです!

私たちは、授業のある月に1度、主に学内・地域のニュースを取り上げ学生新聞を発行している、大学公認団体です。
企画、取材、執筆、編集まで自分たちで行っています。

このブログでは、実際の紙面に掲載された記事を随時紹介しています。


公式ホームページはこちら



Twitter
 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。