スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新生クローバー祭

新生クローバー祭


 10月30・31日の両日、京田辺キャンパスで、同志社京田辺祭(愛称:クローバー祭)が開催された。
 今年度から主催が総務課から学生支援課へ、愛称もADAM祭から「クローバー祭」へと変わった。昨年までは多くの地域住民が参加する一方、学生による参加が減少傾向にあったため、「もっと学生主体の学園祭に!」という意味も込めての愛称変更となった。「Chance! Challenge!! Change!!!」のテーマを掲げ、「京田辺祭で新しいことをしたい」という実行スタッフの思いがあった。

 謎のタナレンジャー(写真参照)や耐久お姫様だっこ大会など学生を魅了する多彩なイベントや、子どもも楽しめるキッズパレットや移動動物園なども目白押し。実行スタッフの思いも通じてか99の出店があり、その半分以上が学生であった。2日間の来場者数は2万人におよび、例年よりも学生の数が多かったという。

 実行スタッフの安藤明子(文・2)さんは、「今年は愛称変更のため周知に苦労したが、多くの学生が来てくれた。地域の皆さんと学生が相互に支え合えてよかった」と話す。

 これからも地域と学生が一緒になって活動出来るクローバー祭を開催してほしい。我々学生はそこで地域住民に感謝しつつ、共生していくことが大事なのではないか。

【田中理恵子】
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

同志社学生新聞局

Author:同志社学生新聞局
同志社学生新聞局の公式ブログです!

私たちは、授業のある月に1度、主に学内・地域のニュースを取り上げ学生新聞を発行している、大学公認団体です。
企画、取材、執筆、編集まで自分たちで行っています。

このブログでは、実際の紙面に掲載された記事を随時紹介しています。


公式ホームページはこちら



Twitter
 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。