スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サークル訪問「ギタークラブ」

サークル訪問
ギタークラブ


 ギタークラブの部員数は39名。5月に行われるジョイントコンサートと、11月に行われる定期演奏会を中心に、週3回練習を行っています。部員の自主性が重んじられていること。この方針によって、皆で助け合って音楽を創っていくという姿勢が重視されています。

 演奏会はクラシックギターで構成されたクラシックステージ、フラメンゴギターで構成されたフラメンゴステージ、そして部員全員参加の合奏ステージから成り立っています。

 練習は、テンポに合わせて弦を弾く基礎練習、希望した各アンサンブルに分かれて行うアンサンブル練習、指揮者を中心とした合奏練習という流れで行われています。

 この中で特に印象に残っている練習を聞くと、取材した部員の多くは合奏練習を挙げてくれました。広報担当の須藤良樹さんは「ギターを一度に40人で弾くという機会は、ギタークラブに入らない限り体験できなかった。合奏中にいい演奏ができていると思ったときは自分でも感動した」と合奏の魅力について語ってくれました。

 合奏はクラブの大きな魅力の一つとして力を入れており、ギタークラブの団歌の名曲「La Cumparsita」は毎年指揮者の編曲アレンジで演奏されています。

 昨年度の「La  Cumparsita」の編曲・指揮を担当した指揮者の柴田浩輔さんは「編曲をするということは、オリジナルではなく自分たちだけの音楽を創るということ。苦労して創作しただけあって、思い入れや理想がある。現実の曲をそこに近づけていくことがとても難しい」と合奏曲に対する思い入れを熱弁してくれました。

 是非演奏を聴いてみたいと思った方に朗報です。来年3月27日にギタークラブ創立50周年演奏会をOBと合同で行うことが決定しています。ベートーベンやヴィヴァルディの曲、今年度版「La Cumparsita」などが演奏されます。興味をお持ちの方は是非足を運んでみてください。ギターという楽器に対する認識が変わります。また、差し迫ったEVEではチョコバナナを販売するのでそちらもよろしくとのことでした。

【加藤祐樹】
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

同志社学生新聞局

Author:同志社学生新聞局
同志社学生新聞局の公式ブログです!

私たちは、授業のある月に1度、主に学内・地域のニュースを取り上げ学生新聞を発行している、大学公認団体です。
企画、取材、執筆、編集まで自分たちで行っています。

このブログでは、実際の紙面に掲載された記事を随時紹介しています。


公式ホームページはこちら



Twitter
 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。