スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幕末と同志社

薩摩藩興味ない?
『幕末と同志社』



 かつて、今出川キャンパスの敷地内に何があったかを知っているだろうか。実は私達学生が普段何気なく暮らしているこの場所には、薩摩藩邸が建っていたのだ。またこの地は御所が近いため、烈しい政権争いが繰り広げられることもあった。

 そのような激動の歴史を歩んできたこの地にスポットを当てた企画展が現在本学で開催されている。 
 企画展名は「幕末と同志社―薩摩藩邸址にあって―」。ハリス理化学館2階にて、1月31日まで開催されている (祝日は閉室)。展示会場となっている「Neesima Room」では、新島襄や同志社の発展に尽力してきた人物・同志社の歴史に関するテーマを設定して年2回展示会が開催されており、今回の企画展は38回目となる。

 そもそも今回の催しは、2010年のNHK大河ドラマ「龍馬伝」で薩摩藩邸が取り上げられたことを契機に企画されたもので、薩摩藩や坂本龍馬に関する資料が展示されている。 たとえば「維新の雄と同志社」のコーナーでは、薩長同盟密約の中心人物で新島とも面識のあった木戸孝允らをはじめとする著名人の写真が展示されている。

 その他にも「薩長同盟密約坂本龍馬裏書」(パネル)や「薩摩藩二本松屋敷図面」などの貴重な資料が数多く展示されているので、ぜひ一度足を運んでみてほしい。

 残念なことに、現在は特別展示期間が終了しているため、展示資料数は減ってしまっている。しかし、このような貴重な資料が一同に集まる機会は滅多にない。

 本学学生なら、展示資料から歴史を感じ取り、普段から親しみのあるこの今出川キャンパスの過去に、想いを巡らせてみるのもいいのではないだろうか。

【市川裕之】
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

同志社学生新聞局

Author:同志社学生新聞局
同志社学生新聞局の公式ブログです!

私たちは、授業のある月に1度、主に学内・地域のニュースを取り上げ学生新聞を発行している、大学公認団体です。
企画、取材、執筆、編集まで自分たちで行っています。

このブログでは、実際の紙面に掲載された記事を随時紹介しています。


公式ホームページはこちら



Twitter
 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。