スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マナー向上運動

マナー向上運動
新たな対策

「マナー向上運動」

 4月11日~15日、学生支援センター主催「通学マナー向上運動」が実施され、明徳館前や新町正門など数か所で、職員と学生有志がマナー向上を呼びかけるビラを配った。この啓発運動は本紙62号でも取り上げており、今出川~新町間で学生が「大声でしゃべる」「ゴミを捨てる」「広がって歩く」などマナーを欠いた行動をとっていると近隣住民から苦情を受け、去年10月から定期的に実施している。4月28日現在、「ゴミを捨てる」は減少傾向だが、「大声でしゃべる」「広がって歩く」に関しては改善されているとは言い難い。

 学生のマナー悪化に伴い、大学の「マナー向上」への意識が高まったため、ビラ配り以外にも様々な取り組みが始まった。ガードマンが通学マナーの悪い学生を注意しているのもその一つ。また、新入生の説明会で通学マナーに関する問題を説明したり、授業終了時に教員が学生に対して静かに帰るように呼びかけを行ったりしている。

 そして今年度から、地域からの要望を受ける窓口となる地域連携推進室に「地域連携学生スタッフ」が組織される。今までは学生が地域に貢献したいと思っても、助けを必要としている地域を自分で探さなければならないという不便なものであった。しかし、ボランティアの学生を募ってスタッフとして登録することで、様々な形で地域に貢献することが可能になる。この取り組みによって、地域の意見を正確に反映することが容易になるだろう。

 このように近隣住民と協力し合うには、組織を作るほかにも信頼関係を築くことが必要だ。そのためにも、改めて自身のマナーをしっかり見直す必要があるだろう。前述の啓発運動は近隣住民から一定の評価はされているものの、学生の努力はまだまだ足りない。今後のためにも、通学路は学生専用の通路ではなく公道であるということを十分に認識し、一人ひとりが自分のマナーを改善することが望まれる。

【楠尾 茜】
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

同志社学生新聞局

Author:同志社学生新聞局
同志社学生新聞局の公式ブログです!

私たちは、授業のある月に1度、主に学内・地域のニュースを取り上げ学生新聞を発行している、大学公認団体です。
企画、取材、執筆、編集まで自分たちで行っています。

このブログでは、実際の紙面に掲載された記事を随時紹介しています。


公式ホームページはこちら



Twitter
 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。