スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今出川図書館で岡本太郎展

今出川図書館で岡本太郎展
~挑戦を続けた孤高の芸術家~

「岡本太郎展」

 岡本太郎という芸術家を知っているだろうか。1970年に開催された大阪万博のシンボルである『太陽の塔』を生みだし、「芸術は爆発だ!」「グラスの底に顔があってもいいじゃないか!」などの名言を残した人物だ。今年2011年は彼の生誕100周年にあたる。それを記念して、現在今出川図書館では岡本太郎の著書および作品を中心とした資料展を開催中。場所は今出川図書館の1階メインカウンター横と地下1階展示コーナー、4月4日から6月30日まで開催予定だという。

 今出川図書館では、1階メインカウンター横で「Imadegawa’s collection」と称した関連資料の展示を4月・10月の年2回、地下1階で企画展示を年3~4回行っている。両展示は今までずっと時期やテーマが異なっていたが、今回の岡本太郎展は1階と地下1階が初めて同時に同じテーマで行った展示である。今出川図書館情報サービス課は、今回の岡本太郎展について「岡本太郎は学生のみなさんにとって知っているようで知らない芸術家。エネルギッシュな作家でもある岡本太郎さんの作品に触れて少しでも興味をもってほしいです」と語った。

 岡本太郎と同志社大学の関わりとして、地下1階の展示コーナーでは岡本太郎の父親である岡本一平が描いた校祖・新島襄の肖像画を見ることができる。他にも、川崎市岡本太郎美術館所蔵資料である岡本太郎作品のレプリカの展示、DVDの放映なども実施中。展示資料の一部は貸出も可能なため、この展示で岡本太郎に興味をもった人は関連作品を借りてさらに岡本太郎について理解を深めるのもいいかもしれない。

 岡本太郎に対しては奇抜で異端児的なイメージをもつ人が多いだろうが、彼は常に既成の価値観に挑み、批判の矢を一身に浴びていた。それでも自分の信念を曲げなかった彼の生き方に作品を通して触れてみてはいかがだろうか。

【上條久美子】
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

同志社学生新聞局

Author:同志社学生新聞局
同志社学生新聞局の公式ブログです!

私たちは、授業のある月に1度、主に学内・地域のニュースを取り上げ学生新聞を発行している、大学公認団体です。
企画、取材、執筆、編集まで自分たちで行っています。

このブログでは、実際の紙面に掲載された記事を随時紹介しています。


公式ホームページはこちら



Twitter
 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。