スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同志社格付けAA+

同志社格付けAA+
昨年に続き今年も


 株式会社格付け投資情報センター(以下R&I社)は5月18日、学校法人同志社の格付けを公表した。R&I社は「財政運営は堅実である」として、本学に対して、昨年と同様格付け評価をAA+、格付けの方向性を「安定的」であると公表した。AA+は、21段階あるR&I社の格付け内では上から二番目である。この評価は大学の財務状況だけではなく、大学のブランド力や独自性もきちんと担保されている。

 本学の新キャンパス整備事業に関して、「事前に積み立てを進めており、財政構造が悪化する懸念は乏しい」とし、新たな学部立ち上げについても、「経費負担が先行するが、将来的には収支改善が見込める」との認識を示している。

 そもそも格付けとは、発行体(=債券の発行元)が負う総合的な債務履行能力を、簡単な符号で提供するものである。その中で大学の格付けは、大学側が第三者の視点を活用することにより、今後の学校運営に活かすねらいがある。企業が高格付を得た場合、外部からの資金調達を円滑に進めることができ、信用力や経営戦略を売りにするのと同様に、大学の場合は、受験生へのPRに利用できる可能性がある。

 本学も2004年からR&I社による格付け評価を受けている。本学資金課によると、その理由は「格付け評価の目的は学外からの資金調達を目的としたものではなく、第三者の評価から本学の社会的信頼性を高めるとともに、その結果を今後の大学運営の一つとして活かすためである」としている。

 大事なのは同志社大学独自の存在意義を社会に発信していくことである。そのために学生自身も学内だけではなく、社会に活動を広げていくことが求められているのではないか。

【杉本良晄】
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

同志社学生新聞局

Author:同志社学生新聞局
同志社学生新聞局の公式ブログです!

私たちは、授業のある月に1度、主に学内・地域のニュースを取り上げ学生新聞を発行している、大学公認団体です。
企画、取材、執筆、編集まで自分たちで行っています。

このブログでは、実際の紙面に掲載された記事を随時紹介しています。


公式ホームページはこちら



Twitter
 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。