スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒梅館夏まつり

寒梅館夏まつり
地域住民とのふれあいを大切に


 8月27日、第6回目となる寒梅館夏まつりが開催された。今出川校地学生支援課が主催し、本学のクラブ・サークルを中心とする有志がそれぞれ催し物を企画した。寒梅館のホールやアトリウム、中庭などを開放し、子どもたちをむかえた。

 催し物は、DJ体験、模型展示、ミニコンサート、人力車の乗車体験など様々。普段の活動の成果を見せるひとつの舞台となっている。会場内では多くの子どもたちの笑顔が見られた。

 催し物の中の「鉄道模型展示と走行」では、子どもたちが鉄道模型を運転することができる。精巧な模型を触ってみたい子どもたちで行列ができるほどの盛況だった。スタッフの森さんは「模型はデリケートで持ち運びが大変なうえ、配線が複雑で苦労した。でも、子どもたちが喜んでくれるのが一番嬉しく、やりがいを感じる。この企画は有意義なものだと思う」と話してくれた。

 この日来場した子どもは約150人。昨年と比べると、今年はほぼ半数に減ってしまった。当日は雨天で、その上すでにほとんどの小学校で授業が始まっていることが影響したと考えられる。一方、学生のボランティアは154人と、例年とほぼ同数だった。

 このイベントの意義は、まつりを通して地域の人々と学生たちとのつながりを生み出せることだ。学生にとって地域住民との交流は貴重な機会であり、子どもたちと触れ合って得るものも多い。より参加者が増え、地域に貢献できるイベントになるよう発展してほしい。【木村美穂】
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

同志社学生新聞局

Author:同志社学生新聞局
同志社学生新聞局の公式ブログです!

私たちは、授業のある月に1度、主に学内・地域のニュースを取り上げ学生新聞を発行している、大学公認団体です。
企画、取材、執筆、編集まで自分たちで行っています。

このブログでは、実際の紙面に掲載された記事を随時紹介しています。


公式ホームページはこちら



Twitter
 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。