スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学の節電対策

大学の節電対策
電力削減に成功


 今年の夏は、東日本大地震による電力不足の影響から全国各地の家庭や企業で節電対策が進められた。関西電力の節電要請及び、京都府・京都市の「地球温暖化対策条例」の改正に対応するため、本学でも様々な対策をとり、全面的に協力した。

 具体的な策としては、階段や廊下といった共用部照明の間引き点灯、エレベーターの一時停止、未使用教室の巡回消灯、冷房温度28℃設定の徹底、トイレ便座保温機能及び温水ヒーターの停止などが挙げられる。他にも事務室の昼休憩時間消灯、コピー機及びPCの省電力モードへの移行時間短縮及び不要時の電源オフの徹底等、学生の気付かないところでも様々な節電が行われているようだ。

 このような節電対策の結果、本学は昨年度よりも電力使用量の削減に成功しているとのこと。今後も今まで以上に、各種設備について省エネ型高効率機器への更新、安全面を十分考慮したうえでの照明設備及び空調熱源機器の効果的な運用等に力を入れていくという。

 冷房の温度設定を上げたり、不必要な照明を消したりといった些細な行動から節電は始まる。学生のみなさんもできることから節電対策をしてみてはどうだろうか。【上條久美子】
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

同志社学生新聞局

Author:同志社学生新聞局
同志社学生新聞局の公式ブログです!

私たちは、授業のある月に1度、主に学内・地域のニュースを取り上げ学生新聞を発行している、大学公認団体です。
企画、取材、執筆、編集まで自分たちで行っています。

このブログでは、実際の紙面に掲載された記事を随時紹介しています。


公式ホームページはこちら



Twitter
 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。