スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新町BOXの夜間利用大ピンチ!? 夜通しの大騒ぎに近隣から苦情

 学生会館はサークル活動の要だ。大きなイベントの前には、BOXで深夜まで作業をしたり、時には徹夜したりといったこともあるだろう。
 しかし現在、学生会館の夜間利用が禁止されかねない状況になっている。    【岡田 森】  周辺に民家が多い新町学生会館では、2002年の完成以来、周辺住民から何度も騒音の苦情が寄せられてきた。最近では、ワールドカップの日本×デンマーク戦が深夜に行われた6月25日に、一晩中大騒ぎで一睡もできなかったという苦情が来ている。
 このような事態を受け、大学としては新町学生会館の夜間利用禁止を真剣に検討している状態だという。
 「学生会館が夜も使えるのは当たり前」と思っている人も多いだろうが、夜間も利用できる町中の学生会館というのは稀な存在だ。新町学生会館の現状は、同志社の掲げる自由の校風と、過去の先輩方の努力の上にある。まずはそれを自覚しよう。
 そして、危機感を持ってほしい。近隣住民の方々へ迷惑をかける度、学生の自由は揺らいでいく。ひょっとしたら、次の一回が致命傷になるかも知れない。
 日本×パラグアイ戦が行われた29日も騒音が危惧されたが、学友団と支援課による見回りの甲斐あってか、学生会館は静かだった。このような実績を積み重ねることが重要だ。
 上から規制されるのではなく、各学生が自由を守るために自重する必要がある。「夜中に騒ぐ」ことのメリットと「学生会館の利用が制限される」ことのデメリットを秤にかければ、答えは明らかだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

同志社学生新聞局

Author:同志社学生新聞局
同志社学生新聞局の公式ブログです!

私たちは、授業のある月に1度、主に学内・地域のニュースを取り上げ学生新聞を発行している、大学公認団体です。
企画、取材、執筆、編集まで自分たちで行っています。

このブログでは、実際の紙面に掲載された記事を随時紹介しています。


公式ホームページはこちら



Twitter
 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。