スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二泊三日の女子4人合宿

二泊三日の女子4人合宿
松山・広島へ行こう!


 9月中旬、今年も新聞局合宿が行なわれた。今回は皆のスケジュールがあわず、4人で女子旅行というまったり観光。主に松山と広島を巡った。


道後温泉
 今年の合宿の目的は道後温泉。この温泉は夏目漱石の小説「坊っちゃん」にも登場している。古い歴史をもつ、松山の代表的な観光地だ。商店街を抜けてすぐに見える荘厳な外観は、見応えがあって歴史を感じることができる。

 道後温泉の本館は神の湯・霊(たま)の湯と分かれており、貸し浴衣や茶菓のサービスがつくコースもある。私たちが選んだのは神の湯階下という入浴のみのコースで、想像とは違いごくごく普通の銭湯。お昼だったからなのか人も少なく、広いお風呂をゆっくり堪能することができた。日ごろの疲れもとれてよい癒しになった。【木村美穂】
道後温泉


松山城
 合宿2日目の見どころといえばやはり松山城だろう。松山市中心部にある勝山山頂に堂々とそびえ立つその姿に圧倒された。松山城は羽柴秀吉の家臣である加藤嘉明が創設者で、その天守は「現存12天守」のひとつとしても数えられる。当日は雲ひとつない晴天。容赦ない日光がじりじりと肌を焼き、本丸にたどり着くだけでも体力を消費した。しかし、天守から見た城下町のパノラマ風景はそんな疲れを癒してくれる素晴らしいものだった。あの燃えるような太陽の下で食べた、いよかんかき氷やポンジュースのおいしさを、私は生涯忘れることはないだろう。【上條久美子】
「松山城」


お好み焼き
 3日目は広島で食べたお好み焼きが印象的だった。お腹をすかせた私たちが見つけた建物には、1フロアにたくさんのお好み焼き屋が並んでいた。

 そのフロアは活気があり、「うちのおすすめのお好み焼きはこれ!」と宣伝する声が飛び交っていた。私たちは一周回って悩んだあとようやく「たむちゃん」という店に入った。

 メニューを見て真っ先に、とろーりチーズのお好み焼きと店長オススメスペシャルを頼んだ。広島に来たのだからと思い、かきの鉄板焼きもついでに頼んだ。

 かきもオススメスペシャルもおいしかったが、チーズがのったお好み焼きは圧巻。チーズはお好み焼き全面に流れ、その上には半熟の卵がのっているではないか。チーズに流れ出す卵は、マグマのようだった。もちろん、味は言うまでもない。【楠尾 茜】
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

同志社学生新聞局

Author:同志社学生新聞局
同志社学生新聞局の公式ブログです!

私たちは、授業のある月に1度、主に学内・地域のニュースを取り上げ学生新聞を発行している、大学公認団体です。
企画、取材、執筆、編集まで自分たちで行っています。

このブログでは、実際の紙面に掲載された記事を随時紹介しています。


公式ホームページはこちら



Twitter
 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。