スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教科書売買仲介サイト 大学タウン

教科書売買仲介サイト 大学タウン
「あったらいいな」をカタチに


 使い終わった教科書が部屋に山積みになっている、そんな学生におすすめのサイトがある。その名も「大学タウン」。必要なくなった教科書の売買を仲介と大学周辺のクーポンを提供しているサイトだ。このサイトを立ち上げたのは神戸大学を休学中の中博司さん。単位を取り終わると使わなくなったり捨てられたりする教科書がありもったいないと思ったことがきっかけだという。

 「大学タウン」は、現在短期スタッフも含め10人前後で運営している。サイトを立ち上げた当初は知名度がゼロの状態であったため、ポスターやWeb広告、友達からの口コミなど考えつく限りの方法で活動を広めていった。「『教授に嫌がれるのではないか』『お金の回りが悪くなるだけではないか』などの反対意見が寄せられることもあり、それを乗り越えるときが精神的に一番辛かった」と語る中さん。しかし現在サイトには1ヶ月に1万人前後が訪れ、「大学タウン」のtwitterフォロワー数も約6000人に上るなど、学生からの注目は高まっている。

 実際に学生間で教科書を売買することのメリットとして、通常価格より安値で教科書が買えること、テストの過去問やレジュメなども譲ってもらえる可能性があること、新しい人とのつながりが生まれることなどが挙げられる。「大学タウン」はこれまで東京7キャンパスで運用され、約500冊の教科書を仲介した。今年9月20日からは新たに同志社、立命館、京都、神戸などの大学でも運用が開始されている。しかし本学の学生で教科書を出品している人はまだいない。関西での知名度アップはこれからの課題と言えよう。

 今後の展開について中さんは、「大学生の『あったらいいな』をカタチにしていきます。『あったらいいな』が『ないと困る』になるようどんどん挑戦していきたいです。短期的には、SNSとの連携サービスや家具のリユースを検討しています」と語った。

 もちろん金銭が絡む以上利用する際は十分気をつけなくてはならないが、不要な教科書の処分に困っている学生は手段のひとつとして検討してみるのもいいだろう。使い方の詳細に興味がある人は、下記URLから「大学タウン」にアクセスしてほしい。
【上條久美子】
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

同志社学生新聞局

Author:同志社学生新聞局
同志社学生新聞局の公式ブログです!

私たちは、授業のある月に1度、主に学内・地域のニュースを取り上げ学生新聞を発行している、大学公認団体です。
企画、取材、執筆、編集まで自分たちで行っています。

このブログでは、実際の紙面に掲載された記事を随時紹介しています。


公式ホームページはこちら



Twitter
 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。