スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツイッターでの誤情報にご用心

ツイッターでの誤情報にご用心
多角的に情報を集めよう


 インターネットの簡易投稿サイト「Twitter(ツイッター)」では、アカウント(登録名)を取り、情報を発信している大学が多数ある。しかし、公式と見間違う紛らわしい非公式アカウントも存在しており、誤情報には注意しなければならない。

 本学では2010年頃、公式ホームページの新着ニュースをURL付きで配信するアカウントや、本学での生活・授業等について、他の学生と意見交換するなどの内容を投稿しているアカウントが発見された。このことを受けて、本学は公式ホームページにて「同志社大学のオフィシャルアカウントとしてのツイッター利用は行わない」旨を周知した。

 この件では、投稿内容が本学にとって著しく不利益をこうむる内容だと判断されず、対処は見送られた。

 大学の公式アカウントのふりをするなど具体的な行為をしていないと、明らかな「なりすまし行為」とは断定できない。学生支援課によると、偽アカウントを発見した際、大学に対し不利益をもたらす、あるいは悪意のあるツイートが確認できた場合にはアカウント停止などの対処を検討するという姿勢だ。今日までそうした措置はとられていない。

 一方で2月中旬には、寒梅館にカフェができると発信する、企業を装ったアカウントが出現し、デマを拡散した。実際の企業の人間が投稿しているように見せかけ、学生のバイト募集をほのめかすなど、悪質ななりすまし行為を働いた。

 このように、誰でも嘘にだまされる可能性が大いにある。自分でもその誤情報を拡散してしまい、被害者を増やしてしまうかもしれない。また、偽アカウントにはフィッシング詐欺やDMによる振り込め詐欺を働くものもあり、注意が必要だ。ツイッターでは非公式アカウントの発言を鵜呑みにせず、多角的に情報を集めて、偽アカウントによる被害を防ぐことが大切だ。
【木村美穂】
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

同志社学生新聞局

Author:同志社学生新聞局
同志社学生新聞局の公式ブログです!

私たちは、授業のある月に1度、主に学内・地域のニュースを取り上げ学生新聞を発行している、大学公認団体です。
企画、取材、執筆、編集まで自分たちで行っています。

このブログでは、実際の紙面に掲載された記事を随時紹介しています。


公式ホームページはこちら



Twitter
 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。