スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

格付け発表 8年連続AA+維持

今年度の格付け発表
8年連続AA+維持


 株式会社格付投資情報センター(以下、R&I社)は、5月11日付けで学校法人同志社の今年度の格付け内容を公表した。それによると本学は、〈AA+(ダブルAプラス)・方向性は安定的〉という「格付け維持」の評価を受けた。これは、2004年度以来8年連続の維持となる。この〈AA+〉という格付けは、単に本学の財政基盤の堅実さを示すだけでなく、建学の精神である良心教育や国際化といった本学独自のブランド力を考慮した上での総合的な評価である。

 現在、R&I社が付与する最上位の発行体格付けは〈AAA(トリプルA)〉であるが、この評価を受けた国内法人は存在しない(2012年5月現在)。したがって、本学は21段階ある格付けの中で、事実上は最上位ランクの信用力を得たことになる。また、学校法人(私学)、国公立大学でR&I社から〈AA+〉の格付けを取得・維持しているのは本学を含め2大学のみである。このことから、本学は経営と財務状況に対して、引き続き高い評価を得たことがうかがえる。

 今回の格付け理由としてR&I社は、本学の国際化への取り組みやキャンパスの立地条件の良さを評価している。本学資金課は「2013年度には本学のキャンパスの再編が完了し、今出川キャンパスでの文系学部の4年間一貫教育が実現する。また、新たに14番目の学部としてグローバル地域文化学部を開設する予定である。これらの計画が今回の評価につながったのではないか」との見解を示す。

 格付けの取得・維持について資金課は、「(格付け)は学外からの資金調達を目的としたものではなく、第三者機関による経営状況の客観的評価の一つである。本学に対する社会的信頼性を高めるとともに、その結果を今後の学園経営に生かすためにある」とする。そして、「引き続き本学のブランド力の充実・強化を推し進めていくことが〈AA+〉の維持に繋がる」と話した。今後もこの評価を維持し、本学の発展につなげてほしい。
【川島優雅】
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

同志社学生新聞局

Author:同志社学生新聞局
同志社学生新聞局の公式ブログです!

私たちは、授業のある月に1度、主に学内・地域のニュースを取り上げ学生新聞を発行している、大学公認団体です。
企画、取材、執筆、編集まで自分たちで行っています。

このブログでは、実際の紙面に掲載された記事を随時紹介しています。


公式ホームページはこちら



Twitter
 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。