スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

証明書・学割証発行機 新システムに

生協電子マネー使用可
証明書・学割証発行機新システムに




 8月20日、証明書・学割証発行機が新たなシステムのもとにリニューアルされた。夏期休暇中ということもあり、新しい発行機をまだ使ったことがない、という学生も多いだろう。以前の発行機と比較して具体的に何が変わったのだろうか。

 大きく分けて変更点は四つある。
 一つ目は、昨年導入された学生証のIC機能を利用する点だ。発行機を利用する際には学生証を指定の箇所にタッチしなければ使えない。

 二つ目が利用時に入力するパスワードの変更。以前は、発行機専用のパスワード4ケタを入力しなければならなかったが、今回の入れ替えで、DUETやActive! mailにログインするときに使うパスワードでも利用できるようになった。

 そして三つ目は、ICカード学生証に搭載されている生協電子マネーで各種手数料の支払いができるようになったことだ。もちろん現金支払いも可能である。納入後に発行機から出力される書類には、氏名や学生ID等が記載された「申請書」形式のものと、申請書等に添付する「納入済証」形式のものとがある。また、パソコン教室でプリンターを利用する際学生一人一人に課金上限値というものが定められているが、その追加も発行機で追加分の料金を支払うことで完了できるようになった。以前のようにITサポートオフィスの窓口に申請書を提出する必要はない。

 最後に四つ目が、発行機設置場所の一部変更である。今まで設置されていた場所に加えて、今出川校地では寧静館一階に一台、京田辺校地では情報メディア館一階に一台発行機が新設される。ただし夢告館への設置はなくなったので注意しよう。

 たとえ証明書・学割証発行機を頻繁に使わない学生でも、実際に利用するときに困らないよう、変更点を頭の隅に置いておいた方がいいだろう。
【上條久美子】
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

同志社学生新聞局

Author:同志社学生新聞局
同志社学生新聞局の公式ブログです!

私たちは、授業のある月に1度、主に学内・地域のニュースを取り上げ学生新聞を発行している、大学公認団体です。
企画、取材、執筆、編集まで自分たちで行っています。

このブログでは、実際の紙面に掲載された記事を随時紹介しています。


公式ホームページはこちら



Twitter
 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。