スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

烏丸キャンパス交番設置に議論 学生の自由 大学の自由とは

本学は6月6日、烏丸キャンパスの一角を交番用地として京都府警に貸与すると発表した。
大学が交番用地を貸与することの是非について議論が渦巻いている。

 2011年12月室町自治連合会から、上京署上御霊前交番の老朽化や手狭さなどを理由として、本学に敷地提供の要望が出された。
また、今年の3月8日には京都府警本部からも本学敷地は交番の所管区域の中心で適地となるため、敷地の一部を借用したいと要請を受けている。
3月15日、本学は地域の安心・安全のために敷地の一部を無期限・無償で貸与することを決定した。

 大学が警察に土地を提供することは学問の自由・大学の自治の観点から問題があると、本学学生だけでなく他大学の学生や一般の人々からも非難があがっている。

 広報課によると、交番の建設や敷地一部貸与は地域貢献を目的としており、学問の自由や大学の自治を侵害しないとの姿勢だ。
府警からの要請を受けてから学生に周知されなかったことに関しては、「大学の責任においてのことであり、地域の安心・安全への観点から決定したことである」と回答している。
同様の理由から、学生が異議を唱えても敷地提供を取り消すことはないという。

 交番は烏丸キャンパスの北西角109.2㎡に建設される。
交番の入口は道路に面しており、地域の人々による防犯ボランティアの活動スペースも確保されるそうだ。
交番建設については11月9日現在まだ建設業者も決まっておらず、完成は未定。
【木村美穂】
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

同志社学生新聞局

Author:同志社学生新聞局
同志社学生新聞局の公式ブログです!

私たちは、授業のある月に1度、主に学内・地域のニュースを取り上げ学生新聞を発行している、大学公認団体です。
企画、取材、執筆、編集まで自分たちで行っています。

このブログでは、実際の紙面に掲載された記事を随時紹介しています。


公式ホームページはこちら



Twitter
 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。