スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年度の就職実績 1、2回生は早めの対策を

世界的不況の影響から日本では就職難が続いている。しかしこの就職難の中にありながらも本学は昨年度、就職率96.6%という数値を出した。2008年度の98.8%という数値よりは低いものの、依然高い数値を保っていると言える。

 同志社大学大学案内2011によれば「自由な校風の中で自立した精神を大切にする本学の方針、そして何より、卒業生の各界での活躍と評価が産業界に広く定着し、毎年の高い就職率につながっている」のだという。
 本学は昨年の秋にキャリア支援システムe-careerを導入した。e-careerでは企業情報や求人情報、インターンシップ情報の検索をはじめ、就職活動体験記なども閲覧することができる。このシステムは就活生でない1、2回生でも使うことができ、本学ホームページからアクセス可能である。また本学キャリアセンターでは就職に関する個別相談も行っている。こういった学生への手厚いサポート体制も高い就職率につながっているのだろう。

 現在の学生には社会人基礎力が求められている。前に踏み出す力、考え抜く力、チームで働く力から構成される、職場で周囲の人々と仕事をしていくための基礎的な力のことで、2006年から経済産業省が提唱している概念のことだ。就活生はこうした能力が必要とされていることを意識しておこう。
 1、2回生にとって就職は他人事のような話かもしれない。しかしそのときはすぐに来る。時間のある今のうちに情報収集を行い、インターンシップなどの学外活動を通して社会の動きを理解し、視野を広めることが大切なのではないだろうか。

【市川裕之】

新町BOXの夜間利用大ピンチ!? 夜通しの大騒ぎに近隣から苦情

 学生会館はサークル活動の要だ。大きなイベントの前には、BOXで深夜まで作業をしたり、時には徹夜したりといったこともあるだろう。
 しかし現在、学生会館の夜間利用が禁止されかねない状況になっている。    【岡田 森】

続きを読む »

NEWSを探せ! PRAT1 BOXへ営業に来る人

 昼休みにBOXでご飯を食べていると、突然のノックと共に旅行会社の営業社員が現れる――。
 日常的にBOXを利用する学生なら、一度や二度は出くわしたことのある場面だろう。しつこい勧誘にうんざりしたという話もよく聞く。夏休みを控えたこの季節、記者の感覚では、2日に一度のペースでどこかの旅行会社が営業にやって来る。しかし、考えてみれば、大学内へ外部の業者が営業に来るのはおかしい気もする。
 現在は旅行会社しか来ないものの、もしも他業種が「BOX営業」に参入してきたら、学生会館が学生目当ての業者であふれることになってしまう。大学としてはどう考えているのだろうか。さっそく取材へ出かけた。

* * *

 新町学生会館の管理人室に聞いたところ、学生会館への部外者の立ち入りは禁止だが、学生にまぎれて入り込んで来てしまうのが現状だという。
 各BOXやポストに入っている居酒屋のビラも、管理人の目を盗んでこっそり投函されているらしい。

* * *

 続いて、今出川学生支援課に取材した。BOXへの営業については、「学内での営利活動は原則禁止されています」とのこと。学内で営業をしたいという正式な打診が来ることもあるが、基本的には断っているという。
 つまり、現在BOXまで来ているのは、無断で入って来た業者である可能性が高い。というわけで、結論。
一、BOXで営業を受けた時は、まず大学の許可を取っているか確認しよう。
二、もし無許可だった場合は、各校地の支援課か管理人室に連絡し対処してもらおう。

【岡田 森】
プロフィール

同志社学生新聞局

Author:同志社学生新聞局
同志社学生新聞局の公式ブログです!

私たちは、授業のある月に1度、主に学内・地域のニュースを取り上げ学生新聞を発行している、大学公認団体です。
企画、取材、執筆、編集まで自分たちで行っています。

このブログでは、実際の紙面に掲載された記事を随時紹介しています。


公式ホームページはこちら



Twitter
 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。