スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暖房 一律温度20度設定

暖房 一律温度20度設定
~学生に協力呼びかける~


 昨年の12月頃から学内のあちこちで冬の温度設定20度を呼び掛ける立て看板を目にするようになった。夏季にも同様に、一律28度の温度設定を実施していたことを覚えているだろうか。この活動は、本学の環境問題に対する取り組みの一環として、同志社エコプロジェクト(以下、DEP)が中心になって行っている。なぜ温度設定の統一を呼び掛けているのか、不思議に思っている学生もいるだろう。そこでDEPに所属する吉本さんに話を聞いた。

 2003年度より本学京田辺校地は、省エネ法における第一種エネルギー管理指定工場に指定され、「エネルギー使用量が一定値を超えた場合、エネルギーの使用効率を年平均で1%改善すること」を努力目標としなければならなくなった。大学の施設はその大半を学生が利用しているため、学生と教職員が一体となって環境問題に取り組む必要がある。

 そこで、各課、各学部の代表者が省エネルギー推進委員会を立ち上げ、その中にDEPという学生団体が作られた。2008年度から活動を開始したDEPは、京田辺校地において「夏のエアコンの温度を28度、冬のエアコンの温度を20度に設定」する取り組みを始め、翌年の2009年度には110トンの温室効果ガス削減にも成功した。

 一見すると活動は順風満帆のように思えるが、学生から集めたアンケートの中には「暑くて勉強に集中できない」「どうして学費を払っているのに授業中の温度設定までされなくてはならないのか」という反対意見もあるようだ。特に夏は、28度設定にすると大教室では暑すぎるという学生からの苦情も多い。 しかし知真館などは建物自体が古く、冷暖房を一括管理しているため、教室ごとに温度設定ができない。もし大教室を快適な温度設定に変えてしまうと、小教室で講義を受けている学生にとっては不快な温度になってしまう。これは学校の設備の問題のため、DEPによる活動だけではどうにもならないことのようだ。

 夏冬の温度設定以外にもDEPは環境問題に対してさまざまな角度から対策に取り組んでいる。エコに対して少しでも興味をもった人は、下記に掲載したURLからHPにアクセスしてみるといいだろう。

 吉本さんは最後に「環境意識は目にみえないものだから、学生のみなさんの意識が高いのか低いのか正確にはわかりません。でも出来ることなら意識を高く持って、ゴミの分別の徹底やたばこのポイ捨てをやめるなど身近なエコから実践していってほしいです」とメッセージをくれた。環境は身近にありすぎるためにその存在について改めて考える機会はあまりない。だからこそこの記事を読んだついでにまずは教室の温度設定を確認してみることから始めてはどうだろうか。

【上條久美子】


(同志社エコプロジェクト http://eco-pro.doshisha.ac.jp/)

新町学生会館 夜間使用の制限始まる

新町学生会館 夜間使用の制限始まる
問われる学生のモラル


 昨年の夏、日本中が興奮したサッカーワールドカップ南アフリカ大会で、大いに盛り上がった学生は多いはず。本紙でも以前取り上げたとおり、本学の学生が応援に熱くなるあまり夜中に学生会館で大騒ぎし、近隣の住民より苦情が殺到した。これを受け、本学今出川校地学生支援課は、学友団との協議を重ねた結果、昨年10月末より「新町学生会館時間外利用申請書」の導入を開始した。


 内容は各団体代表から伝えられている通り「申請書」の提出が夜間残留の条件となるというものだ。「申請書」の提出がなければ夜間残留は原則認められない。違反した場合、それ相応の対応がとられる可能性もある。

 同様に、最近は新町キャンパスから今出川キャンパスにかけての通行マナーの悪さも問題視されている。近隣に人が住んでいるということを認識できていない、モラルの低下した学生たちに対して今後どのような対応をしていくのか。本学今出川校地学生支援課に取材した。

 本学の学生会館は夜間に及ぶ課外活動に便宜を図る目的で、24時間利用が可能になっているが、その必要性に対しても近隣住民から疑問の声が上がっている。これまでも近隣住民から苦情が寄せられるたびに指導・注意喚起を行ってきたが、改善が見られないため、時間外利用申請書が導入されることとなった。
現段階では、制限とはいっても管理人室に申請書さえ出せば夜間残留はできる。申請書の活動内容に関する厳密な審査までは行っていないようだ。

 今回の措置が採られてから約2カ月。管理人さんの協力もあってか、極一部の団体を除いて、申請書は提出されているという。申請書の導入によって劇的に夜間残留が減るといった大きな変化はいまのところないが、以前のようにカギを借りたまま放置するという団体は減ったようだ。今後の成果にも期待したい。

 今後の対応については状況に応じて考えていくという。夜間残留全面禁止の可能性もあるとのことなので、夜間残留をする機会が多い団体は特に、今回の件について考えてほしい。

 いずれにしても自分の行動が、近隣住民やまわりの人間に迷惑をかけていないかどうか、しっかり考えて行動することが必要だ。

【近井亮至】
プロフィール

同志社学生新聞局

Author:同志社学生新聞局
同志社学生新聞局の公式ブログです!

私たちは、授業のある月に1度、主に学内・地域のニュースを取り上げ学生新聞を発行している、大学公認団体です。
企画、取材、執筆、編集まで自分たちで行っています。

このブログでは、実際の紙面に掲載された記事を随時紹介しています。


公式ホームページはこちら



Twitter
 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。